中山栗

およそ400年ほど前、寛永年間三代将軍家光の頃、大洲藩主加藤泰興(やすおき)公が参勤交代で栗を献上し、日本一の中山栗と誉を高めたと言われている「特選」中山栗。食味が良くて大玉のものが多く、収穫の秋には栗を買い求める人が中山に多く訪れてきます。