中山の蕎麦畑

「蕎麦は75日」ということわざがあるように、種まきから実の収獲まで75日程度と、短期間で収穫できる穀物。秋の開花時期になれば、畑一面に広がる白い花、青々とした葉、根本にいくほど紅みを帯びた茎を観ることができ、天気の良い日ともなれば青い空との調和がなんとも絶妙です。

ここ中山地区では現在、10軒の農家が約5ヘクタールの畑を使って蕎麦を栽培しています。

ここで収穫された実は、「クラフトの里」にあるそば打ち体験施設へ卸していて、美味しい手打ちのそば作りの材料となっています。